Skypeとは?

Skypeとは、マイクロソフト社が提供するP2P(Peer to Peer)技術を利用したインターネット電話サービスです。Windows、Linux、OS X、PSP、PS Vita、iPhone、iPod touch、iPad、Android、Symbian用の無料ソフトウェアが提供されています。日本語版のソフトウェアは、Skypeのホームページから入手できます。
誰でも・どこからでも無料で使えるイメージがありますが、機能によっては有料サービスとなるものもありますのでご注意ください。

以前はルクセンブルクに籍をおくスカイプ・テクノロジーズ社が運営していましたが、2011年にマイクロソフト社が買収しました。これにより、Windows LiveメッセンジャーもSkypeに統合されました。(2013年4月)
また、Skypeという名称は「Sky peer-to-peer」の略で、当初はSkyperとする予定だったそうですが、すでにドメインが取得されていたのでSkypeに落ち着いたとのことです。

Skypeに必要なもの

 ・インターネットに接続できる環境
 ・Webカメラ
 ・PC・携帯電話・タブレット端末等
必要なのはこれだけです。
iPad・スマートフォンなどカメラを内蔵しているデバイスを使用する場合は、Webカメラを接続する変わりに内蔵カメラを利用できます。

Skypeをビジネスツールに?

最近では企業へのWeb会議やテレビ会議をはじめとするコミュニケーションツールの普及にともないSkypeを業務ツールとして活用するユーザーも増えています。
以前は、企業はセキュリティ面を懸念しSkypeをはじめとする無料ツールの利用を規制していました。また、無料ツールは家族や友人間などプライベート仕様と考えられていました。
しかし、スマートデバイスの普及やコミュニケーションツール技術向上、時代の流れなども後押しし、場所を選ばず手軽に無料で利用できる点などが評価され、SkypeをP2Pでの業務用コミュニケーションツールとして汎用するユーザーが増えています。

<関連情報> VTVジャパンホームページ
Web会議・テレビ会議システムのご紹介